2009/11/10

海の生き物図鑑「オトヒメウミウシ」

Otohimeumiushi

和名:オトヒメウミウシ
学名:Chromodoris kuniei
科名:裸鰓目 ドーリス亜目 イロウミウシ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 野崎 2006/10/21

紫の縁取りが綺麗なオトヒメウミウシです。

竜宮城の乙姫様がこんな姿だったら、
浦島太郎はすぐに帰って来られたんでしょうね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

海の生き物図鑑「アミメイボウミウシ」

Amimeiboumiushi1
Amimeiboumiushi2

和名:アミメイボウミウシ
学名:Phyllidiopsis krempfi
科名:裸鰓目 ドーリス亜目 イボウミウシ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 唐馬ナンバー1 2005/11/13

全国の網タイツファンのみなさま、お待たせしました。
網の模様のアミメイボウミウシです!

マニアの方は海の中でも頬ずりするとかしないとか・・・

マニアの道は奥が深いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/30

海の生き物図鑑「スイジガイ」

Suijigai

和名:スイジガイ
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 野崎 2005/11/13

「水」という字の様に見える貝なので「水字貝(スイジガイ)」です。

わかるかな〜?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/11/29

海の生き物図鑑「ウミヘビ」

Umihebi

和名:ウミヘビ
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 唐馬ナンバー1 2005/11/13

にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。
にょろにょろにょろにょろ。

クロガシラウミヘビかイイジマウビヘビだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

海の生き物図鑑「モンハナシャコ」

Monhanashako2

和名:モンハナシャコ
学名:Odontodactylus scyllarus
科名:ハナシャコ科
撮影地:撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 野崎 2005/11/13

今日もオシャレな服を着てお出かけ。
でも恥ずかしがり屋なので隠れるように素早く走り回っています。

「彼女は自分の美しさに自信がない。」

彼女を見たある人が言った言葉です。
美しさは内面からにじみ出るもの。
自分に自信を持って堂々と歩いて欲しいものです。
そうすれば写真撮りやすいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

海の生き物図鑑「リュウグウウミウシ」

ryuguumiushi

和名:リュウグウウミウシ
学名:Roboastra gracilis
科名:裸鰓目 ドーリス亜目 フジタウミウシ科
撮影地:沖縄県 チービシ ラビリンス 2005/11/12

竜宮にいそうなウミウシだからリュウグウウミウシなんですか?
浦島太郎も好きみたいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/25

海の生き物図鑑「ウコンハネガイ」

ukonhanegai

和名:ウコンハネガイ
英名:Noble file clam
学名:Ctenoides ales
科名:ミノガイ科
撮影地:沖縄県 チービシ ラビリンス 2005/11/12

海のイナズマ男とは俺のこと。ウコンハネガイです。ウンコではありません。
写真中央の青白い光がウコンハネガイの出した光です。

ところでウコンハネガイはなぜ光るのでしょうか?
1. 目立ちたがり
2. 海底が暗いので明るい海底計画中
3. 繁殖行動
4. 会話
5. 海水を利用して発電する器官を体内に持ち、体内貯蔵量を超えた分を放電させている
6. 命を燃やして何かと戦っている
7. 遠い宇宙の仲間に合図を送っている

正解:知りません

なぜ光っているのか? どのような原理で光っているのか?
私がネットで調べた限り答えは見つかりませんでした。
もしウコンハネガイ博士がこの記事をご覧になっておりましたらご教授くださいませ。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/07

海の生き物図鑑「ウミウシの卵」

umiushi_egg

和名:ウミウシの卵
撮影地:福井県 音海 ヨコグリ&落石 2005/7/10

ウミウシの卵です。
種類は不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

海の生き物図鑑「ミズクラゲ」

kurage2

和名:ミズクラゲ
英名:Moon Jelly
学名:Aurelia aurita
科名:ミズクラゲ科
撮影地:福井県 音海 ヨコグリ&落石 2005/7/10

海の嫌われ者、クラゲです。波間に漂い、近寄ってきた獲物を一刺し。
種類によっては人を死に至らしめるほど強力な毒を持ったクラゲもいますが、このミズクラゲの毒性は強くありません。

ちなみに上の写真の補正していない元画像はこれ。
kurage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

海の生き物図鑑「アカボシウミウシ」

akaboshiumiushi1

akaboshiumiushi2

和名:アカボシウミウシ
学名:Gymnodoris alba
科名:裸鰓目 ドーリス亜目 キヌハダウミウシ科
撮影地:福井県 音海 ヨコグリ&落石 2005/7/10

アカボシウミウシ、だと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧