2007/03/08

おさかな図鑑「クロユリハゼ」

Kuroyurihaze3

和名:クロユリハゼ
学名:Ptereleotris evides
科名:ハゼ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 アリガーケーブル 2006/10/21

見ると幸せになれるという噂のクロユリハゼ。
だんだんうまく撮れるようになりました。
以前に撮った作品と比べると一目瞭然!

幸せやってこーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

おさかな図鑑「ヤシャハゼ」

Yashahaze2

Yashahaze3

和名:ヤシャハゼ
英名:White-rayed shrimp goby
学名:Stonogobiops sp.
科名:ハゼ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 野崎 2006/10/21

あこがれのヤシャハゼ様。
大型のフラッシュを装備したのと、ある程度近づくことができたので綺麗に撮れました。

かっこいいですねー。
生まれ変わるならヤシャハゼになりたいです。

そうそう、今回から画像が大きくなりました。
よろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

おさかな図鑑「ハタタテハゼ」

Hatatatehaze3

和名:ハタタテハゼ
英名:Fire dartfish
学名:Nemateleotris magnifica
科名:ハゼ科
撮影地:沖縄県 男岩 2005/11/13

体のグラデーションが綺麗なハタタテハゼです。

潜っていてもガイドさんが見向きもしないのは、沖縄では普通に見られるからですか?
本州では滅多に見られないのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

おさかな図鑑「クロユリハゼ」

Kuroyurihaze2

和名:クロユリハゼ
学名:Ptereleotris evides
科名:ハゼ科
撮影地:撮影地:沖縄県 男岩 2005/11/13

見られると幸せになれるというクロユリハゼ。
ようやくまともな写真が撮れました。
これで俺様にも幸せが訪れるはずです。きっと・・・

ちなみに以前撮った写真はこちら
見ると不幸になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/28

おさかな図鑑「ヤシャハゼ」

yashahaze

和名:ヤシャハゼ
英名:White-rayed shrimp goby
学名:Stonogobiops sp.
科名:ハゼ科
撮影地:沖縄県 座間味島 唐馬ナンバー1 2005/11/13

ハゼ界の伊達男、ヤシャハゼ様。
近づく敵は背中の刀で斬り捨てます。

顔の模様がまるで夜叉の様に見えるのでヤシャハゼと名付けられたそうです。
ヤシャ様のオーラに気圧され、あまり近づけなかったため色がいまいちですが、本当は綺麗な模様です。
格好いいハゼですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

おさかな図鑑「キヌバリ」

kinubari1

kinubari2

和名:キヌバリ
英名:Stretched silk
学名:Pterogobius elapoides
科名:ハゼ科
撮影地:福井県 音海 ヨコグリ&落石 2005/7/10

この日お世話になったダイビングサービスのキャラクターにもなっていたキヌバリ。沿岸の浅いところで見られます。体の縦帯は太平洋側で見られるのは6本、日本海側のものには7本あるそうです。

ちなみにこの絵は私がログブックに描いた絵。
kinubari3

縦帯がたりねーよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

おさかな図鑑「クロイトハゼ」

kuroitohaze

和名:クロイトハゼ
学名:Valenciennea helsdingenii
科名:ハゼ科
撮影地:伊豆 富戸 ヨコバマ 2004/8/12

ペアで見られることの多いクロイトハゼ。単独のクロイトハゼを見た人には不幸が・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/06

おさかな図鑑「ニシキハゼ」

nishikihaze

nishikihaze2

和名:ニシキハゼ
学名:Pterogobius virgo
科名:ハゼ科
撮影地:伊豆 富戸 ヨコバマ 2004/8/10

とにかく派手好きでいつも錦を身にまとっているニシキハゼ様。

お金持ちに付き合っているとこっちのお金が持ちません。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/31

おさかな図鑑「オニハゼ」

onihaze

和名:オニハゼ
学名:Tomiyamichthys oni
科名:ハゼ科
撮影地:伊豆 富戸 ヨコバマ 2004/8/12

オニハゼです。
ん? ちょっと体色がおかしいと思いませんか? 実は婚姻色なんです。
見つけた時、こいつはまわりの魚を追い払うような動きをしていました。他の雄を追い払っていたのでしょうか? それとも雌を追いかけて逃げられたのでしょうか? どちらにしろオニハゼの婚姻色は珍しく、ガイドさんも初めて見たと言っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/01/07

おさかな図鑑「ダテハゼ」

datehaze1

和名:ダテハゼ
学名:Amblyeleotris japonica
科名:ハゼ科
撮影地:伊豆 富戸 脇の浜 2004/8/11

温帯の砂地で見られるダテハゼです。ハゼの仲間はテッポウエビと共生していることが多く、このダテハゼも例外ではありません。それではその様子を見てみましょう。

datehaze2

撮影地:伊豆 富戸 ヨコバマ 2004/8/12

はい、このようにテッポウエビと一緒に巣穴に住んでいます。
ハゼとテッポウエビの共生におけるそれぞれの役割は、テッポウエビが巣穴を掘る役で、ハゼは外敵の見張り番だといわれています。それぞれの長所を生かした役割分担なのでしょう。ほーんと、お似合いのお二人ですよねー。

datehaze3

和名:ニシキテッポウエビ
学名:Alpheus bellulus
科名:テッポウエビ科

| | コメント (0) | トラックバック (0)