2009/11/02

おさかな図鑑「スカシテンジクダイ」

Sukashitenjikudai6

Sukashitenjikudai7

Sukashitenjikudai8

和名:スカシテンジクダイ
英名:Luminous cardinalfish, Slender cardinal
学名:Rhabdamia gracilis
科名:テンジクダイ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 アリガーケーブル 2006/10/21

いやー、もう久々なんで何を書いたらいいのかわからないんですけどね、
体が透けてるテンジクダイなのでスカシテンジクダイなのです。
小さな魚ですが群れになると迫力がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/28

おさかな図鑑「ヤライイシモチ」

Yaraiishimochi

和名:ヤライイシモチ
学名:Cheilodipterus quinquelineatus
科名:テンジクダイ科
撮影地:沖縄県 渡嘉敷島 野崎 2006/10/21

おいらヤライイシモチが大好きなんですよー

っていうのはウソ。

たまたま写ってただけだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

おさかな図鑑「クロホシイシモチ(幼魚)」

kurohoshiishimochi_yg1

kurohoshiishimochi_yg2

和名:クロホシイシモチ(幼魚)
学名:Apogon notatus
科名:テンジクダイ科
撮影地:伊豆 富戸 脇の浜 2004/8/11

水中のゴミではありません。クロホシイシモチの幼魚の群れです。
沖縄などではスカシテンジクダイの群れを見ることができますが、伊豆でもこんな綺麗な群れが見られるとは思っていませんでした。伊豆の海もなかなかのもの。あなどれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

おさかな図鑑「クロホシイシモチ」

kurohoshiishimochi3

和名:クロホシイシモチ
学名:Apogon notatus
科名:テンジクダイ科
撮影地:伊豆 富戸 ヨコバマ 2004/8/12

口内飼育で有名なクロホシイシモチ。眼の上にある黒い星印が名前の由来です。

そういえば、クロホシイシモチと同じように星印をもった人たちがいますね。少し紹介してみましょう。

まずはキン肉マンからの登場、テリーマンです。
肩の星印がかっこいいですねぇ。

お次はケロロ軍曹
さすが軍曹。かっこいいですなぁ。

おっと、この人を忘れてはいけません、ドロンパを。
星はアメリカ生まれのしるしです。

そして最後はジョジョの奇妙な冒険より、
悪の帝王ディオ・ブランドーですッ!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

ちなみに、ディオの首から下の部分はジョナサン・ジョースターの体であり、ジョースター家の一族にも同様の星印のアザがあることは言うまでもありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

おさかな図鑑「アオスジテンジクダイ」

aosujitenjikudai.jpg

和名:アオスジテンジクダイ
英名:Ring-tailed cardinalfish
科名:テンジクダイ科
撮影地:和歌山県 串本 住崎 2004/7/11

尾びれの付け根の黒線と目の横の青い線が特徴ですね。岩場の陰などに小さな群れで住んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/03

おさかな図鑑「ネンブツダイ」

nenbutsudai.jpg

nenbutsudai2.jpg

nenbutsudai3.jpg

和名:ネンブツダイ
英名:half-lined cardinal, Barface cardinalfish
学名:Apogon semilineatus
科名:テンジクダイ科
撮影地:和歌山県 白崎 シャクシの浜 2004/7/18

伊豆などの温帯域の海で普通に見られます。メスが産卵したタマゴを、オスが口内で孵化するまで保護するマウスブリーディングを行います。同じ仲間のクロホシイシモチなどと似ていますが、頭部の線が背中まで続いているのがネンブツダイの特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/29

おさかな図鑑「クロホシイシモチ」

kurohoshiishimochi1.jpg

kurohoshiishimochi2.jpg

和名:クロホシイシモチ
学名:Apogon notatus
科名:テンジクダイ科
撮影地:和歌山県 串本 アンドの鼻 2003/12/28

クロホシイシモチです。小さい魚ですが、群れている姿は迫力がありますね。この写真ではよくわかりませんが、目の上に黒い点(星)があるのが名前の由来です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/03/31

おさかな図鑑「スカシテンジクダイ」

sukashitenjikudai1.jpg

本日紹介するのはスカシテンジクダイです。え、魚の姿が見えない? そんなことありません。ちゃんとスカシテンジクダイの群れが写っていますよ。見えない方のためにもう少し近づいてみましょう。

sukashitenjikudai2.jpg

ほーら、だんだん見えてきましたね。最初の写真でゴミのように見える白い点々全てが魚なんですよ。さらに近づいて見ましょう。

sukashitenjikudai3.jpg

ここまでこればもう魚の姿がわかりますよね。さらに近づきます。

sukashitenjikudai4.jpg

これなら文句ないでしょう。最後にさらに近づいてみましょう。

sukashitenjikudai5.jpg

はい、これで私のカメラの限界です。

名前の通り、透けて向こう側が見えそうな透明な体が非常に綺麗ですね。1匹では非常に小さい魚ですが、これだけ群れになるとかなりの迫力です。近づいても逃げることがないので写真は撮りやすかったです。

和名:スカシテンジクダイ
英名:Luminous cardinalfish, Slender cardinal
学名:Rhabdamia gracilis
科名:テンジクダイ科
撮影地:沖縄県 黒島 西の浜 2003/10/12

| | コメント (1) | トラックバック (0)